自ら発症する性病もあるって本当ですか?カンジダという自ら発症する性病がある

性病と言えば誰かからうつされるというイメージが強いでしょう。しかしながら、実際のところ性病は誰かにうつされるのではなく、自ら発症をしてしまうケースもあります。この点は知らない方は少なくないですが大切な事なのでしっかりと覚えておくようにしましょう。

自ら発症をしてしまう性病とは

自ら発症をしてしまう性病としては、カンジダという性病が挙げられます。このカンジダはカビ菌の一種であり、さらに常在菌でもあります。つまり、カンジダは誰の体にもいる菌なのです。体内の抵抗力が落ちているとカンジダを発症してしまいます。

仕事などで大きなストレスがかかる、生活習慣が乱れている、抗生物質で善玉菌を殺してしまう、こういった状態下ではカンジダを発症しやすくなってしまいます。傾向で言えば女性の方がこのカンジダを自ら発症しやすいのですが、男性も発症しないというわけではありませんからその点には注意をしましょう。

援用:ジスロマック http://www.idrugmt.asia/drug/zithromax.html

カンジダを発症してしまった場合

もしもカンジダを発症してしまった場合には一体どうしたら良いのかについても説明をしていきます。まずそのまま放置をしてしまうというのは絶対にやめましょう。カンジダの場合にはあまり重たい症状というのは出にくいので、放っておいても大丈夫と思う人は少なくありませんが、放置をすると治りにくくなってしまいます。

カンジダを発症してしまった場合

なので、できるだけ早めに病院で適切な治療を行うように心がけてください。またカンジダの症状としては、女性であればおりものが多くなる、炎症やかゆみが生じるなどが挙げられます。男性の場合には生殖器の炎症などに加えて、水泡ができるという事もあります。

こういった症状が出た場合には、放置せずにすぐに診察を受けるようになさってください。カンジダは人からうつされるのではなく自ら発症する珍しい性病です。抵抗力が落ちていると誰でも発症をする可能性があるので注意をしましょう。また、カンジダが発症したら放置せずすぐに病院で治療をしてください。